本文へ

JR大船駅 徒歩2分 雑誌掲載 医師推薦の技術

出血、化膿を繰り返す 陥入爪の補正2ヶ月後

8月ご来店のM様。

今まで何度も出血や化膿を繰り返し、
肉芽を液体窒素で処置したご経験もあり、
もう痛い思いはしたくない!繰り返したくない!と
補正をご希望でご来店下さいました。

補正後、痛みや違和感なく

「もっと早くくればよかった…」とおっしゃっていました。

 

 

陥入爪とは、巻き爪の中でも、お爪が皮膚の中に沈み込んでしまっている状態です。

痛いからとお爪を短く切ってしまうことが陥入爪の原因であることが、ほとんどです。

お爪が伸びていく過程で、周りの盛り上がったお肉にお爪が食い込んでしまったり、

お爪の形が鋭いと刺さってしまったりすることで、痛みが生じます。

お爪が刺さって炎症を起こしてより痛みが増す場合もございます。

痛みが増す前に、早めのケアが肝心です。

 

お写真は

8月から2か月後、今月のお爪の状態です。

皮膚の中に埋もれてしまったお爪が、補正を行ったことで

盛り上がった周りのお肉を乗り越えながら

だんだんと外に出てきて、

本来のお爪の幅が見えてきましたね。

引き続き、根元までしっかりと補正を行って

再発率を下げていきます。

 

普段、お爪切りをする際に、深爪やお爪の角を落として丸く整えていませんか?

お爪の切り方ひとつで巻き爪の予防へと繋がります。
指の形やお爪の幅や伸びるスピードはそれぞれ個人差がございます。

当店では、器具を使った補正だけではなく、
おひとり、おひとりに合わせたお爪の整え方をご提案いたしますので、

お気軽にお問い合わせください。

 

よこはま巻き爪フットケア

染谷